よくある質問
よくある質問
日本の保険と比べるとお得な訳は?
アメリカ保険会社の運用利回り(現在7%前後)が高い上、保険料が割安なので、長期運用で大きな違いが生じます。
医療検査や検査費用はどうなるのでしょうか?
医療検査はハワイ、ロサンゼルス、ラスベガス、香港で手配が可能。アメリカでの検査実費は無料となります。
なぜ日本在住者もアメリカで加入できるのでしょうか?
日本ではアメリカの生命保険に加入できませんが、アメリカ国内でのお申し込みで米国納税者番号または米国不動産を購入されれば合法的に加入できます。
保険からの返戻金や死亡保険金の税金はどうなりますか?
アメリカでは引き出し・ローン・死亡保障額には税金が課せられませんが、日本では課税されます。
必要書類やお支払いはどうなりますか?
主自治の診断書、財務諸表、身分証明書などがお申し込み用紙と一緒に必要となります。また、お支払いは、アメリカ国内の銀行や証券口座からのみとなります。
中途解約など注意をする点はありますか?
保険会社や加入されるプランによって様々ですので、詳しくはお問い合わせください。
日本での連絡先や日本語での対応はありますか?
東京サポートセンターやアメリカ本社、ハワイ支社に、お気軽に日本語でお問い合わせください。
加入後の保険会社からの明細は?
3ヶ月毎と一年毎の明細が、直接保険会社より郵送されます。または、保険会社によってウェブ上で管理が可能です。
プランはどんなものがありますか?
一般的な終身保険、ユニバーサルライフ、日本にはまだ導入されていないインデックス生命保険などです。ユニバーサル型は120歳までの生涯保障確約タイプなどがあり、顧客のリクエストに合わせて、生涯保障の年齢を決められます。また、インデックス型は、米国S&P500の株式で運用され、各年に下落があっても運用資金がマイナスにならない特典が含まれます。
リーバンスの社会貢献活動
日系アクセッシブル
日系コミュニティーで、日本語を母国語とする障害者、体の不自由な高齢者の人達に、ツアー、スポーツ、イベント情報、ロサンゼルスとその周辺都市の公共施設や観光地のバリアフリー情報を、日本語で提供することで、社会参加を推進し、自立した有意義な生活が送れるように支援しております。
日系アクセッシブル