ひとりひとりに安心の人生設計
最新情報
08/25/2015 【保険ブログ】一世帯当たりの医療関連費は今年も増加
  保険数理コンサルティング会社ミリマンは、2015年5月に発表した調査レポートの中で、2015年の一世帯当たりの年間推定医療関連費が... 続きを読む >>
アメリカ生命保険のメリット
日本よりも保険料が安い ローンや引き出しが可能
運用利回りがいい アメリカでは非課税
120歳までの保障がある 色々なプランを選べる
格付けや信用度が高い 日本での相続対策ができる
高額の保険に加入できる 米国での所得・贈与税はない
日本在住者からのよくある質問
日本での相続と贈与
日本から多くの富裕層、ビジネスオーナーが日本での相続・贈与計画のために財産の評価額を軽減するアメリカ年金プランを活用しています。
今月のコラムコラム一覧
2014年11月 「生命保険加入時の医療検査」

日本で生命保険契約を結ぶ場合、健康状況は口頭の質問票だけで終わることが多いでしょう。アメリカで生命保険契約を結ぶ場合は、健康診断が非常に重要視されます。検査内容は掛け金によって変わりますが、たいていの場合血液検査と尿検査が必須です。

あるアメリカ人の保険アドバイザーは保険の保障額が大きくなればなるほどより徹底的にあなたの健康が精査されることは理にかなっている、と言います。保険会社にとってリスクがある、または不正な契約を事前に防ぐことができるからです。「もしあなたが百万ドルの保険を購入しようとしている場合は、保険会社指定の医師による完全な健康診断を受けることになるでしょう」とも彼女は言っています。これには心電図検査が含まれていますが、アメリカでの滞在先ホテルでも検査を受けることができます。

健康診断で得られた情報は、アメリカの保険業界団体によって収集、管理されます。保険会社は新規保険申し込みがあった際このデータを参照することになります。これは、被保険者が過去に大きな病気をしたのにも関わらず問診票に記入しなかった内容がないかを調べるためです。

もしあなたが今までに喫煙者として保険に申し込んだことがあったりまたはパッチを含むニコチン製品を使用している場合は喫煙者であるとみなされ、プロセスが進行します。驚くことに、がんを克服した方は、喫煙者よりも有利な保険額で加入できるチャンスがあるのです。これは、一度がんを経験し健康に気を遣う方よりも喫煙を続けている方の方がリスクが高いからです。

医療検査では何かを隠そうとせず、すべてを申告してください。保険業界団体でのデータ参照時に発覚するだけでなく「虚偽申告」として保険購入を拒否される可能性があります。

リーバンスの社会貢献活動
日系アクセッシブル
日系コミュニティーで、日本語を母国語とする障害者、体の不自由な高齢者の人達に、ツアー、スポーツ、イベント情報、ロサンゼルスとその周辺都市の公共施設や観光地のバリアフリー情報を、日本語で提供することで、社会参加を推進し、自立した有意義な生活が送れるように支援しております。
日系アクセッシブル
リーバンズ・コーポレーション
アメリカ本社
Reavans Corporation
1218 El Prado Ave. Suite 134
Torrance CA 90501
TEL: 310-320-0588
FAX: 310-320-0622
Email: info@reavans.com
WEB: www.reavans.com
東京カスタマーサポート
リーバンズ・コーポレーション
東京都中央区日本橋茅場町2-17-5
CANALL日本橋 202
TEL: 03-5614-9877
FAX: 03-5614-9878
リーバンズ・グループ関連サイト